FC2ブログ

モナドォバスター! ゼノブレイド クリア レビュー

06-30,2010

こばんぶ8す

■ゼノブレイド感想・・・の前にあぁ!イナズマイレブンどっちやろう!?なんでソフトでストーリー違うんだよ!!
前みたいに出てくる奴が最後だけ違うくらいでいいじゃないか!ストーリー知るためにサクサクっと!てゲームじゃないしなぁ。ぐぅううう!!とりあえず悪魔軍団の瞳子監督モドキとアルゼンチンのテレスは俺がもらう。

■ポケモン
1277735167213.jpg
3on3に燃える。なみのりじしんだいばくはつの時代。右下・・これは流行る・・。
てか白陽黒陰なら3鳥とか3犬トカノ4ポジションは木火土金水だよね、やっぱ。


1277735909921.jpg

このオタク親子終わってる。


■さて本題。ネタバレ注意。

ゼノブレイド。グラフィックが荒い以外良作。
ゼノはつくけど他のゼノとの接点はまるでない。ゼノとの関連を求めるのに固執すると痛い目?を見る。

・フィールドがやばい広い。すぐ落ちる
・ゼノの名がつくのにちゃんと完結する(これ大事)しかもわりかし分かりやすい。
最近のゲームのモヤモヤする終わりかたじゃなくてスッキリ終わる。メカルンはなぜ人間に戻れたかだけは?だけど、まぁ妥協レベル。
・ディクソンさん途端に裏の顔ボロッボロ見せだす。
・加齢臭のするマスコット
・メリア「カルナが応援してくれる、そう思っていた時期が私にもあった。」
・ダンバンさんちゃっかり機神界のねぇちゃんとラブってる。メリアちゃんまじ独り身ロリババァ。
・シュルク(主人公)といると攻撃UPシュルクといると命中UPシュルクといると(ry
メカルンまじ異常愛。ポンコツ。

とてもわかりやすいまとめがあったので転載。
●研究者クラウス、後のザンザ(おそらく地球人)は探究心から相転移実験により新たな宇宙を作ろうとし、自分たちの世界(地球or宇宙)を消滅させた。メイナスはもともと彼の共同研究者であったのだろう。
●ザンザとメイナスはシュルクたちの世界の巨神と機神となった。そこは2人と海しかない世界。
友のいない孤独さから逃れるため、彼らは自分と同じ形の生命体を自らを大地に生み出した。
●また魂だけではザンザとメイナスは永遠に生きてはいけない。存続のためにもは依代としての生命を生み出す必要があった。
●ザンザやメイナスにビジョンが見えるのは、彼らの躯体の上の生命は自らが生み出した存在であるので、その思考、行動や未来がすべて把握できるからであった。
●しかし2人の神は時が経つと因果の流れに乱れが生じ、それらが把握できなくなることを悟った。
未来を予測できないということは自らの存続を永遠のものにできなくなることを意味する。
メイナスはそれを受け入れ、世界を子に託そうとした。
しかしザンザはそれを拒み、世界の破滅と再生を繰り返し自信の存続を確実にする道を選んだ。
ザンザにはもう一人の神メイナスと神に抗う高度な技術を持ち進化するかもしれぬ機神界人は脅威だった。
そのためザンザは巨人アガレスの体を乗っ取り機神界を滅ぼそうとした。
●結果、相打ちとなりメイナスは眠りに、ザンザは自身の子であるハイエンターにより魂をモナドに、体を監獄島に封印された。この時ザンザには新たな依代シュルクの誕生がビジョンで見えていたため予定通りのことだった。
●時がすぎ、オセの塔でモナド探索隊の子供シュルクがモナドに触れ、ザンザの魂の依代となった。
ザンザは太古の昔からの使徒ディクソンに15年後の復活の日のためシュルクを回収、面倒を見るよう指示していた。
●それから15年後 シュルクが機神界盟主ヱギルと戦い、巨神界と機神界が互いに手を取リ合おうとした。その矢先、シュルクは使徒ディクソンに撃たれ瀕死に。ザンザはシュルクから抜け出て復活、メイナスと機神界を滅ぼした。ザンザにはメイナスを殺し、メイナスモナドも手に入れることができたのは予想外だった。
●ザンザは次に自らの存続のため障害となる巨神界の生命を、シュルクたちを消そうとした。
しかし、真のモナドを得たシュルクに討たれ消滅した。
●シュルクはザンザに代わり新世界の神となった、しかし神の願いは神なき世界。見えない未来をひとりひとりが考えつかみとり、日々進化していける世界。
相転移実験管理施設のコンピューターであったアルヴィースはそれを聞き入れ新たな世界<宇宙>を作り出した。
シュルクたちの世界はその宇宙の一つの星、生命の息吹く最初の星となった―Beginning of The World ――。


ふむわかりやすい。
おれのあらすじはこうだ。

科学者A,Bがいました→死にました→転生。機神と巨神になりました、ここは思いが具現化する世界です。→二人しかいないので寂しい→巨神「友達ほしい、じゃあ俺の体を元に生命つくればいいじゃん、でも他人と付き合うのこえぇな、何考えてるかわかんねぇし、死ね!」

で戦い相打ち。機神は長い眠りに→巨神は巨神から生まれた命達に「「巨神やべぇ。まじキチ。弱ってるからいまのうちに体と魂別々に封印すんべ。」→で巨神封印→何年か経ち、主人公に魂乗りうつる。(巨神の計画通り)→いろいろあって巨神復活、ついでに機神の魂もヒロインに乗り移り復活。でも巨神「俺以外の生き物いらなくね?神一人で充分だし。」

で機神殺害→器のはずの主人公、実ははすごい思いの力が強い(思いがすごい強いとそれが具現化する世界)→もう巨神ゆるさねぇ=神になって神を倒そう!→巨神「うっそ俺聞いてない」→巨神死亡→主人子が神になる→でも僕、神とかに興味ないしで、神のいない世界を望む→ハッピーエンドめでたしめでたし。

とりあえずメイナス様はとばっちりで死に、とばっちりで戦い、とばっちりで眠り、またとばっちりで死ぬと。
メイナス様まじかわいそすぎる。



サブストーリーとかおつかいとか割と捨てても70時間は遊べるゲーム。面白いので時間つぶしにもどうぞ。

ばいす!
スポンサーサイト